奥会津 のんびり館  奥会津の豊かな自然を感じる木のぬくもり ゆったりと流れる時間の中に懐かしさを感じる空間 のんびりしてってくなんしょ

2013/09/04 伝統の「かしゃ猫」製作販売について

 

この度、のんびり館の社長が趣味を生かし三島町間方地区に伝わる伝説のこけし

『かしゃ猫』を制作販売の運びとなりました!

工房名は「夢紡匠庵(ムボウショウアン)」として立ち上げました。

すべて手造りであり、世界に二つのない大変珍重なものです。

皆々様の「道中の安全」「家内安全」と諸々の「魔除け」としてご愛顧いただければ幸いです。

 

 

お問い合わせは、大沼郡三島町大字宮下字宮下215-2
「夢紡匠庵」代表 栗城佐 TEL : 0241-52-2305

※東京は、日本橋馬喰町2-3-3 アムコビルで展示販売しております。お立ち寄りください。

 

 

~ かしゃ猫の由来 ~

その昔 志津倉山に化姿猫が住み、雨を百日降らせ、百日の日照りを続け、性悪き病を流行らせ、若くして没する人の骸を食い、その余命をわがものにしてこの地方の人々を困らせていた。これを聞かれた弘法大師は志津倉山のコシアブラの木で退治し『猫の魔力で天の災いから人々を救い人の病を治す志津倉山の主になれ』とさとされた。

それ以来、化姿猫は天の災いを除き、難病をも治す志津倉山の主になったと伝えられ、この地方では魔除けの神として子どもが生まれるとコシアブラの木で猫のこけしをつくり玩具とされている。

 

 

↑ページの先頭へ戻る